2014年8月14日木曜日

ヘッポコ変ジニア奮闘記:維持費0のWebサーバーを構築しよう サーバ組み立て後編

というわけで早速後編
前編見てない人はそっち先に見てください。

とりあえず電源固定から
電源固定なのですが形がATXではなく不思議な形で普通に固定することができなかったので・・・

こんなかんじにATXサイズのケース使ってMicroATXを貼っつけたので余った穴があったのでそこに無理やり固定しました

なお2つ固定箇所があったのですが片方しかついてません。
ですがその割に安定するのでこのまま先に進んじゃいたいと思います。







ピンヘッダの配線
見ての通りです。

ケースの電源・リセットボタンとMBのヘッダとの連結です。
ピンヘッダについてはMBの説明書にどこにどれをつければいいか書いてあります。
これはMBによって配置が違うらしいので
配線するときは十分に気をつけてください。








MBに電源ピンの配線
裏面にケーブルを出して
とりあえず配線















こんなかんじに配線をちゃっちゃと終わらせてしまいます。
配線はケースによって違うのでしっかり説明書を読みましょう(さっきから説明書ばっかりだ)
今回はファンコン用の電源とファンの電源だけでした。
ファンの電源はMB上のピンかケースのファンコンのピンに、ファンコン電源は60W電源のものに配線しました。

ついでに今回の電源はACアダプタを使うので水冷用の窓からピンの顔を出すことにしました。
お次はHDDです



うーん、素晴らしい。
やはりHDDはうつくしいですね
SSDハウスさと早さが魅力ですがHDDもまだまだ負けてませんね
とりあえずケースに付属していた固定器具をつけます。
最近はネジ止めしアクテもいいような設計になっているから楽でいいですね。
これをケースの中に差し込みます












画像右下のように差し込みます。
すると反対側にHDDの端子が行くと思うので裏面にてHDDに電源とSATAケーブルをつなげます
 

向かって右がSATA端子、MB上にコネクタがあるのでそことHDDとをつなげます
左がSATA電源端子、形は似ていますがこっちのほうが横に長いです。
電源についていますのでそことHDDとをつなげます。
でもって後は側板で蓋をして機械は完成です。

・・・全体写真ありません、すいません。

とりあえず画面出力させてみましょう。
一番緊張する時です、配線を失敗してなかったらいいのですが・・・



つきましたー、いやーよかった。
この後は・・・
BIOSの設定です。
UEFIじゃないのがちょっときつい・・・
まあ仕方ないか
細かい設定は知りたい人だけコメントください
これでハードは終了











続きましてはソフトウェアを入れるのですが。

・・・残念なことにCentOS入りませんでした。
どうも下のようなバグが有るみたいです。
http://bugs.centos.org/print_bug_page.php?bug_id=7390
とりあえずCentOSは諦めたほうが良さそうですね・・・
古いやつは確かKernelが2.7でちょっと古すぎますからねえ
Fedoraは安定しませんしここは使い慣れたUbuntu Serverを入れましょうか
というわけでここからISOをダウンロードしてDVDに焼きましょう。
Ubuntu Serverは64bitしかありませんが今回のAtomは64bit対応しているので関係無いです。
32bitCPUを使っている方は注意してください、使えませんから。

インストールの手順は表示されるとおりに設定していけばいいんじゃないかと。
後予めインストールするソフトウェアの一覧が出てきますが基本的に後でインストールできますので初めは何もなしの状態にするのがお勧めです。
それとサーバーの設定手順なのですがここのサイトを参考にUbuntu使用にしました。
http://centossrv.com/
結構有名なところらしいですね。
ただ、CentOS用の設定なのですこしばかりUbuntu様に改造しなければなりません。
早いところCentOSバグ修復されないかなあ。

とりあえずサーバー構築は終了
次からはJavaで公開するところまでやっていきたいと思います。
ほな、さいなら。